服用について知る|あがり症を治したい人は、インデラルにおまかせ!

あがり症を治したい人は、インデラルにおまかせ!

服用について知る

手のひらの薬

インデラルという薬を使う際に、どれくらいの量をいつ飲んだらいいのか?
実は目的によって適切な服用量や時間があります。
これからこちらで説明していきますが、個人差はありますのでそこだけご了承ください。

まず普通にどこかで外食をするとき、人の視線がどうしても気になってしまう…といったことがあると思います。
もちろん大半はただの気にしすぎですが、やっぱり視線を感じてしまって緊張してしまう場合があるでしょう。
そういうときはインデラル錠の10mgをひとつだけ飲み、タイミングは大体1時間くらい前にしておくのがベストです。
お箸を持つ手が震えてしまうなどの人はぜひ試してみてください。

そして社会人だったらよく人前で電話をしないといけないことがあると思います。
周囲が気になるのと、電話でちゃんと話せるのかどうかが気になって、どうしても手が震えてしまう場合があるでしょう。
そんな人はインデラル錠の10mgをひとつかふたつほど飲み、基本的には出社する前に1錠、夕方に1錠の2回に分けて飲むことがポイントです。

他の薬だと朝とか晩など飲むタイミングや量は決められていますが、以上のようにインデラルに関してはそのシチュエーションごとに微調整することができます。

インデラルは緊張するタイミングさえわかっていれば、大体その1時間以上前に飲むようにしておけばいい結果があなたを待っていると思います。
ちなみに効果の持続時間は4時間程度になるので、これからインデラルを使用し始めようとしている人はそのことも覚えておいてください。